重曹で鼻の黒ずみ解消?

重曹で鼻の黒ずみ解消?

重曹というと、お菓子作りや掃除に使われるものですよね。
重曹は炭酸水素ナトリウムとも呼ばれ、自然界に存在する弱アルカリ性の物質です。
環境にもやさしく、人の体に害を与えることもないため、料理やお菓子作り、掃除、洗濯、入浴剤などさまざまな用途で使われています。

 

その重曹で鼻の黒ずみをも解消できるのでしょうか?

 

重曹は粒子が細かく、穏やかな研磨剤、つまりスクラブの役割を果たします。
鼻の黒ずみは、汚れと古い角質が混ざり合った「角栓」が詰まって酸化したものですから、重曹を使って毛穴の奥の汚れを掻きだしてあげると、黒ずみの解消につながります。

 

重曹で鼻の黒ずみを解消する方法として「重曹パック」があります。
小さじ1杯ほどの重曹に、少しずつ水を混ぜてペースト状にします。
それを鼻の黒ずみが気になる部分に塗り、パックの代わりにします。
黒ずみを取りたいからといって、ゴシゴシこするのは厳禁。
かえって肌が傷つき、荒れてしまうので、肌の弱い人は特にこすらずにパックするだけにとどめましょう。
そして、しっかりと洗い流します。
洗い流した後は、毛穴の引き締めと保湿を忘れずに。

 

また、洗顔料に重曹を混ぜて使う「重曹洗顔」もあります。
まずはじめに洗顔料でたっぷりの泡を作ります。
できれば洗顔ネットなどを使って泡立てるのが良いでしょう。
どろあわわのように、もこもこと泡立ちやすい洗顔料を使うと簡単ですね。
その泡に、重曹をひとつまみ加えて軽く混ぜ、普通に洗顔します。
泡をつぶさないように、やさしく洗うのがポイント。
すすぎはしっかり念入りに。
こちらも毛穴の引き締めと保湿を忘れずに行います。

 

重曹は肌にとっては刺激となる場合もあり、毎日続けて使っていると、肌荒れを引き起こすこともあります。
人によっては重曹が肌に合わないこともあるので、初めて重曹を使う時には腕など目立たない部分で試し、肌荒れを起こさないか確認しましょう。
また、掃除用などに売られている工業用の重曹は純度が低いため、パックや洗顔料に混ぜて使う場合は薬用か食用グレードの重曹を選びます。

 

鼻の毛穴にできた黒ずみを消すためには

根本的に毛穴の黒ずみを除去するためには、やみくもに角質の除去をするのではなく、
自分の肌質に合った毛穴ケアをしましょう。


鼻の黒ずみ(乾燥肌)

デイトレード

鼻の黒ずみ除去 短期間