鼻の黒ずみが気になる人の洗顔方法

鼻の黒ずみが気になる人の洗顔方法

黒ずみ対策に一番大切なのは洗顔です。洗顔はスキンケアの基本。
基本をおろそかにしては、黒ずみを解消することは出来ないのです。

 

それでは、黒ずみが気になる場合はどんなことに気をつけて洗顔すればいいのでしょうか。

 

大切なのは、絶対にこすらないこと。
黒ずみがあるということは、毛穴の奥に汚れが溜まっている状態ですから、ゴシゴシと洗いたくなる気持ちはわかります。
しかし、肌をこするのは絶対にやめましょう。
強くこすることで角栓はますます毛穴の奥に入り込んでしまいます。
また、摩擦によって肌には目に見えない傷ができ、そこから炎症を起こしたり、皮膚細胞が破壊されることで肌の奥のメラニンが肌表面にあらわれやすくなり、黒ずみの原因にもなります。

 

鼻の黒ずみが気になる場合の正しい洗顔の手順

ぬるま湯で手を洗い、まず手を清潔にします。
それから顔を濡らします。
洗顔ネットなどを使ってたっぷりの泡を作り、肌にのせていきます。
最初は皮脂の分泌が多いおでこや鼻などのTゾーン、次に乾燥しやすいUゾーンに泡をのせ、優しく指の腹で泡を動かすように洗います。
そして目元、口元など、皮膚が薄くデリケートな部分を洗い、ぬるま湯でしっかりとすすぎます。
泡がすべて落ちきったら、タオルで優しく押さえます。この時も絶対にこすってはいけません。

 

ポイントは

  • たっぷり泡立ててこすらず洗う
  • しっかりすすぐ
  • ぬるま湯を使う

ということ。

 

肌をこすらず、泡を使って汚れを落とすことが大切です。
今話題のどろ豆乳石鹸どろあわわなら、弾力のある泡が簡単にたっぷり作れます。
この泡には美容成分やマイナスイオンがたっぷり含まれているので、毛穴の汚れや角質を分子レベルで吸着してくれます。
だから、優しく洗うだけで黒ずみが次第に消えていくのです。

 

どろあわわで正しい洗顔を続ければ、鼻の黒ずみのない、つるんとしたきれいな肌がよみがえります。

 

鼻の毛穴にできた黒ずみを消すためには

根本的に毛穴の黒ずみを除去するためには、やみくもに角質の除去をするのではなく、
自分の肌質に合った毛穴ケアをしましょう。


鼻の黒ずみ(乾燥肌)

デイトレード

鼻の黒ずみ除去 短期間